無料ブログはココログ

書籍・絵本

« タバコの影響について | トップページ | 職員研修 »

2016年1月11日 (月)

お茶会

毎日新聞の「支局長の手紙」で年末毎月の御茶会が取材されました。

坂口支局長も参加され丁寧に話を聞いてくださいました。
田辺先生とは公私共に話をする機会がたくさんありますが、「感性はどうやって磨くのか?」という問の答えを見つけたきっかけになった、私の大好きな方です。
脳機能で考えた時に「知っている(知識を獲得し理解し説明する)。」機能と「できる(実際に活動して結果を出せる)」機能と言うのは使うところが違います。
野球でボールの2ミリ上を狙って打てばいいとわかっても、実際に素振りしたり、バッティング練習をして体に覚えさせていかないと打てるようにはなりません。テレビでオリンピック選手をみて「もっとこうすればいいのに・・」と思ってもその人はオリンピック選手になれないですよね。批判する人は所詮実践者に勝ることはないと思います。情報量も実践者におとりますしね。
つまり、なんでもそうですが、「知っていると出来るは違う。だから、知って実践をし続けなければそれは身につかないし、知ったことに意味すらなくなってしまう。だから知ったうえで、実践者にならなければいけない。」と私は子どもたちや職員に話をしています。
学生時代に授業中や勉強中に参考書みてわかっても、なんで点数採れなかったのか、教えてくれる大人がいれば私の人生違っていたかも・・・
その経験を関わる人に伝えて行きたいですね。
Img_3944_3
 

« タバコの影響について | トップページ | 職員研修 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1377156/63418249

この記事へのトラックバック一覧です: お茶会:

« タバコの影響について | トップページ | 職員研修 »